合気道 正武会 マスカットスタジアム合気道教室ホームページ
メインページトピックス合気道とは選択中教室案内お問合せリンク

合気道開祖 植芝盛平翁

合気道開祖 植芝 盛平翁
*

「合気道」とは

 合気道は、開祖植芝盛平(1883〜1969)が日本の伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的、人格的修養をへて、「術」から「道」へと発展させ、大正時代に確立、創始した武道です。

 合気道の最も大きな特徴は、無理なく合理的な動きが自然にできるよう、技をくり返し、反復しながら稽古することです。

 調和のとれた無理のない動き、自然と一体となった動きの中に武道の厳しさを肝に銘じ、人格を陶冶してゆくのが合気道の哲理です。
 合気道を修行していくうちに、自然と姿勢や立居振舞いがしっかりとし、物事にきちっとけじめをつける態度が養われるはずです。

 道場には、性別、年令を問わず、青少年、壮年者、高齢者に至るまで大変広い年齢層に愛好者がおり、和の武道・生涯武道といわれる所以です。


「財団法人合気会」とは
 財団法人合気会は、合気道の普及発展を推進する団体として、政府より認可を受けた唯一の公益法人です。
 正武会は、岡山、広島県下を中心に、中国地方の合気道道統の要として、40年以上の指導実績があります。

  岡山県倉敷市
  マスカットスタジアム
         合気道教室

  稽古日 毎週
曜・曜日
     少年部 18:30〜19:30
     一般部 19:30〜20:30
サイトマップ  プライバシーポリシー  

 Copyright (c) 合気道 正武会